逆さコマとは

逆さコマとは、回すと逆さまに立つ独楽(こま)のことで、本来、逆立ちコマといいます。昔ながらの日本の玩具とし てプラスチック製のものや木製のものが 存在します。この日本古来の伝統玩具である逆立ちコマを、チタン精密部品加工を得意とする西村金属(福井)と金型設計のモールドテック(神奈川)が協力 し、最先端素材である「チタン:Titanium」を使用し、全日本製造業コマ大戦に出場するために、設計・製造したコマが、チタン製「逆さコマ:SAKASA-KOMA 100% Titanium」です。

全日本製造業コマ大戦とは

〜遊び方・動き方〜

回す方法は、軸を指でひねる、いわゆるひねりゴマです。このコマを、軸をつまんで回転させるのですが、ごく弱く回せば普通のコマのように軸を上に向けて回転します。
しかし、ある程度以上強く回すと、すぐに軸はぶれ始め次第にコマの胴の側面を下に、軸を横に向けて回転し、回転が十分に速ければさらに向きを変え、やがて軸の先端 を接地面につけると、そこで立ち上がり、胴を接地面から離して回転を始めます。つまり逆立ち状態となります。
この状態で回転を続けた後、回転が弱まれば再び軸がぶれて 最後は軸を上にして止まります。

手順1 手順2 手順3 手順4 手順5

注意点

  • 逆さになるにはある程度以上の回す力が必要です。
  • 逆さコマを回す面によっては逆さにならない場合もあります。

危険防止の取扱の注意

  • 金属素材を使用していますので、指などケガが無いように注意してください。
  • 誤飲などの危険がありますので、口には入れないで下さい。特に小さなお子様がお使いの場合は、保護者の方と一緒に取り扱って下さい。